クレイジー・フォー・ユー

四季劇場「秋」 / 昼 / 1階17列17番

友人Yサンとクレイジーフォーユー見てきました~。

四季劇場[秋]で、席は実質15列目のド・センターです。すんごい見やすくてよかった。初めて見る演目は、このくらいの席が一番全体を見れていいのかなーと思った。

ストーリーはラブラブで究極のハッピーエンドものです。最後には何組ものカップルができるという点でマンマ・ミーアと同じ爽快感がありますね。にわかミュージカルファンのわたしは当然初めて見たんですが、四季ファン長い方はベスト3内に必ずクレイジー~を挙げる、という演目だそうで。そういう思い入れの熱いファンが多いせいか、特に初日のデキについてウワサ・評判はホントひどかったんです。だからどーなのかなーと心配だったんです。

でもよかった。わたしは充分ワクワクできました。

ボビー役の荒川務さんは初めて見ましたが(アイドルだった頃は知りません)、かっこよかったです。お顔も小さくてねー。歌もタップもお上手でした。

ポリーは西部の男勝りって感じだけど、その中に惚れっぽくてかわいらしい女の子って部分も持っている役柄だと思うんだけど、そのかわいらしい面があんまり見えないかなー。と思いました。

アイリーンもイマイチインパクトには欠けるかなって感じで、お歌がねぇ。

って、キャストの話はま、いいや。

アンサンブルも含めダンスはすばらしかったと思います。タップがね~。

(「SHOCK」を見たばかりだったから(笑)) さすがです。よくそろうものだな。曲はもちろんすべてガーシュウィン。ガーシュウィンというのでラプソディーインブルーを期待してたんだけど出てきませんでした。「I Got Rhythm」がテーマ曲なのね。ずーーっと「これって、西友だっけ?ジャスコだっけ?ダイエーだっけ?」と気になって ました。(^_^;

シーンとして面白かったのは、最初。恋人と母親に挟まれガミガミ言われているボビーが現実逃避して女の子たちと踊るとこ。

そのフォーリーズガールズの1人が多分衣装のリボンだと思うんだけど、ながーく足元までほどけちゃって、絡みそうでヒャーって感じだった。後ろに回った時にまとめたんだけど、止めるまでにいたらなかったみたいで後半また解けて とうとう小道具も引っかかって、無理やり引っ張ってました。(笑)

あ、いや、そんなハプニングはあったんですが、そのシーンはとてもよかった。舞台でストップモーションという演出があるんだなぁと思った。(マンマ~にもあるけどね。)

本物と偽者のザングラーが夜の酒場で鏡のように動くシーン。あれは子どもにもウケルと思うんだー。単純に楽しい。

最後間近のニューヨーク、ふたたびフォーリーズガールズが出てくるところ。「やればできるでしょー」ってやつね。あれは曲がまだ頭にグルグル回っています。

あとはアンサンブルとか大勢で歌って踊るシーン。第一幕の最後アイガットリズムと、第二幕の劇場内に全員集まって、最後イス積み上げてのぼるとこ。

・・・って結局ほとんどいいってことじゃん。。

パンフにはポリー役に樋口麻美ちゃん(マンマ~のソフィ役)も載ってて、見てみたいけど、マンマミーアがあるから多分無理なのかなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です