クレイジー・フォー・ユー

四季劇場「秋」 / 昼 / 1階 5列 22番

四季劇場「秋」 / 夜 / 1階 5列 24番 千穐楽

ちょっと、レポートする気になれないくらい、終わってしまったのが残念でたまりません。

●昼:3列目センターブロック通路側

ちょっとどうしちゃったの!?というくらい、いつもと違いました。この日は、CFYをはじめて見るという親子(友人と中1娘)と一緒に行きました。はじめて見た人は「楽しかった」と言ってましたが、わたしは「ああ、いつもはもっといいんだけどさーー」って思っちゃった。

どこがどう、というのはないです。ただ「間」や「タイミング」が合わないっていうか・・。 例えば1幕の撃ち合いのとこの、ボビーのリアクションとかアッサリで。2幕は落ちついて、だいたい普通通りだったけど、1幕は少し千秋楽でかたかったのかなー。

●夜:3列目下手ブロック通路側

もう、ただただ感激でした。素晴らしかったです。

昼公演で「なんか違う」と気になった箇所も、ぜんぜん気になりませんでした。

「間」はいつもよりゆっくりめだったような気がしました。

例えば1つあげると、2人のダンスシーン。

センターにポリーとボビーが正面向いて並んで、音が止む。ボビーが「ピン!」と思いついて、ステップ踏みながらポリーの前を通り、後ろに回ってヒザカックンします。この音が止んでからピン!と思いつくまでが、ちょーーっとだけいつもより長い。

例えばもう1つあげると、が~んばれ!の後。

イスの上にポリーとボビーが取り残されて、ポリーの手を上からそっと包むように握るところ。ポリーはいつもはスッと手を抜くのですが、今回は少し握られていてからゆっくり抜く、という感じでした。

お客さんもほとんどリピーターなんでしょうね。毎曲、拍手も大きいですし長いし、でも笑うところはちゃんと笑っていて。

 

千秋楽の特別アンコールは本当に楽しかったです。

どんなアンコールだったかは・・・・ナイショ。最後はエベレットが幕をおろしました。

 

●酒場で酒瓶を取り損ねるとこ。

昼は、髪かきあげバージョンで、夜は、ハリーと握手バージョンでした。

●ポリーに叩かれて落とした帽子を拾うとこ。

昼は、回りこんで足で取ろうとしてたんだけど、帽子がペシャンコになっていて、手で拾ってました。夜は、回りこんで足で放り上げ、拾ってました。(パチパチ)

今までは帽子の落ち方で、手で拾うのと足で放り上げて拾うのとあったけど、5月に入って後半は足で拾うのが多かったし、今日は回りこんでまでとっていたので、荒川さんは足で拾うのがお好みなんでしょうね。

●今日は特に気合はいってたなーというセリフ

「これがぼくの人生のすべてだからです」
「ベラ・ザングラ~だっ!」
「ポリィ~~」
「この日が来るのを信じてたよ!」(ボビーばっかじゃん>じぶん)

 

5/25の公演でパエリアパンがすべてピッカピカの新品だったのに、火夜、水夜、木昼、金夜、と公演やって、今日の千秋楽にはボコボコでした。消耗品なのね。

 

ああ、くるしい。くるしい。

クレイジー・フォー・ユーが観れないなんて、ホント、ツライです。

でもマンマ・ミーア!のキャスト発表は、チェックしまくりますヨ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です