たとえばこんなシンデレラ

六行会ホール / 昼 / 自由席(センターブロック後方席)

「ミュージカル団クレアトール」の第8回公演「たとえばこんなシンデレラ」を観て来ました。

昨年、半年ほどわたしもお世話になり、第7回公演に参加させてもらった劇団です。キャストの半分以上は昨年ご一緒させていただいた方々なので、やはりスッパリと客観視できないのですが、脚本の赤羽さんに「アンケート書いていってね」と言われつつ、書いてこなかったので感想を書こうかな…と。

●ストーリー

単純明快。明るく、わかりやすい。笑いあり、ホロリあり。

コメディって、こういう(アマチュアの小さい)劇団の場合ヘタすると内輪ネタっぽくなりがちだと思うんだけど、そういうことは一切なくとても楽しかった。

ただ後半、ちと眠気が…(ゴメン) 多分、博士が「毒を持って毒を制す」とシンデレラに解毒リンゴを渡し、「元の世界に戻るには2つ条件がある」と教えたら、「あー。タローはリンゴで正気を取り戻して、あのミキのクツで戻れるのねー」と分かってしまったから。その後のドタバタが少し長く感じてしまったかも。

ラストシーンはきっとこういうことになるとわかってはいたんだけど、ウルっときました。

#なんか最近こういうの見るとすっかり、親目線で見てしまうのがなんとも「わたしって終わってる」感がしていたたまれないのですが。←自分自身に

ああ、もう1つ。ピーターパン、白雪姫、ロバの耳の王様、のあたり。

シンデレラも初め「掃除・洗濯しなさーい」って言われてたあたりと、最後のクツだけは「シンデレラっぽい」かもしれないけど、それぞれの童話のストーリーを活かしたキャラに、もう少しだけなってるとよかったかなぁ。でもそれするとウザったくなる気もするし…?

●音楽

んとー。「ミュージカル」じゃなくてもよかったような…。アハハ、イッチャッター。…と三谷幸喜の「オケピ!」とまったく同じ観劇後感を味わいました。

ストーリー、セリフ、歌詞を追うのに一生懸命だったせいもあると思うのですが、観劇後まで残る印象的なメロディーラインが1つもなかったのが少し残念

ただ、多分、同じメロディーを2回使ったり、そんなとこは私的に好きなのでよかったデス。

●キャスト

○美紀(シンデレラ):鈴木真由美さん

やはり主役になるべくして…って感じの方です。なんていうんでしょうね。華があるというか、オーラがあるというか。よい存在感を持っていて、本当にうらやましいなぁと思う。

わたしは1回目の公演を観たのですが、歌がね、ちょっと高音部がキツかったかな。地声と裏声のうつりが悪いというか、裏声部分が急に声量が弱くなっちゃうのが少し残念でした。難しいんだよね。2回目公演はロビーで音声だけ聞いてましたが、2回目公演の方が調子よかったかな?しかし声量もあり、声質もよく、ウマイデス。

○母(継母):あかさきうたこさん

わたしは実際母親なので、このお母さん役の方はきっと実際にはお子さんのいない方なのだろう…と感じました。(え?)

継母のほうの、歌・ダンス・演技はハジケてて、テンポもよかった。

○沙織(義姉):武井綾子さん

エラソーに言ってしまいますが、あややはじょーずになりました~。特に演技。

○太郎(赤ずきんちゃん):栗山佑くん

ゆうくん、ホント、もう…。花束の持ち方がヅカっぽかった。
やはり、歌が安定していて安心して見てられました。

○香奈(白雪姫):丹羽由希恵さん

にわちゃんは一番「伸びたなー」と思いました。やりやすかったのもあるのかなー。香奈役も、白雪姫役も、キャラが立っててよかった。歌もとても上手でビックリしました。かわいかった。

○充(ロバ耳王):中山修さん

中山サンて、こんなのもできるんだ…、という一面が見れました(笑)
追われるシーンで転んだのは…演出じゃないよね!?

○雄太(ピーターパン):田中雅登くん

まぁくん…。似合いすぎデスカラ。<ピーターパン

○ロミオ・ジュリエット:鈴木大介くん、鈴木栄二さん

何か、コメントしたほうがいいんだろうか…(^_^;;

すごく息の合った2人。稽古のおかげなのか、相性のよさなのか…。
稽古のおかげ、だね。きっと。うんうん。

○先生(グレーテル):かのうゆかさん

グ、グレーテルだったのね!?博士は…
かのうさんの間の取り方は本当に見習いたいものです。

○魔法使い:古崎隆彦さん

良くも悪くも、完成されている、という感じ。
他の役でどんな演技をするのか見てみたいデス。

○全体的に

チームワークの良さ、っていうのをスゴク感じた。
きっと今年に入ってから、みんなで努力して、ひとつの方向を見てがんばってきたんだろうなぁ。

●配役

演出かのーさんが終演後「今回の配役はこれでよかったんだろうか?」と言ってたけど「これ以外にないのではないでしょーか?」という感じでした。
どこをどう入れ替えても、これ以上のバランスってないと思う。

唯一、かのうさんとエージさんが入れ替わるとおもしろいかも…と思ったけど、別にこのままで(このままの方が)おもしろいし。
エージさん、新境地開拓できてヨカッタネ。

・・・などと思いましたデス。
いろいろ書いちゃったけど、本当に大成功の公演だったと思うのよ。ホント。
たった2回しか公演しないのがもったいないくらい。楽しかったヨー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です