ダンス・オブ・ヴァンパイア

帝国劇場 / 夜 / 1階 S列 11番

やっぱり「エリザベート」がところどころ思い浮かんでしまいますね。そうだなぁ…。何度か観るとハマるのかもしれませんし、もう1回くらい観に行きたいなとも思うので、おもしろかったんだと思う。

でも例えば「モーツァルト!」のように1回目でグイグイっと引きこまれる何かっていうのがなかったかなぁ。好みの問題かも。歌もね。音楽は素晴らしいけど歌がなぁー。教授の早口の歌と、伯爵の墓場?でのソロくらいしか印象に残らなかったかな。

キャスト別に感想を言うと・・。

●クロロック伯爵: 山口祐一郎

これ、もったいないよね。猊下(モーツアルト!)やトート(エリザベート)のようにこれでもか、これでもか、って出て来ないし。控え目なお年頃なのかなー?
でもあの登場シーンは…トート以上で爆笑でしたね。サラの風呂場を覗きに(違)、あんな上からグニョーーンと(爆笑) ホントにいいわぁ。ホントにおもしろい。グハッ!!!って感じだったもの。風呂場覗きに来るんだよ?(だから違うと思う…)
もうちょっとガンガンストーリーに関わってきてもいいと思うんだけど、やはりアレですか?昼が弱いからですか?もっと祐サマの出番増やして!踊れないけど!と思いましたデス。

●アプロンシウス教授: 市村正親

この人なくしては、このミュージカル、ゲンナリだったでしょう。素晴らしかったです。とにかく間が素晴らしい。笑いもそれ以外も、間がいい。

●助手・アルフレート: 泉見洋平

教授とのコンビネーション、ばっちりでした。とにかくキューート。
…っていうかね、泉見くん。
 2003年クールフェラック(レ・ミゼラブル)
 2004年トゥイ(ミス・サイゴン)
 2005年マリウス(レ・ミゼラブル)
で観てるんだって。わたし。ごめんねぇ。ぜんっぜん覚えてないわ。
でも今日はもうよかった。あのヘタレ具合。ちょーカワユし。

写真はね、イマイチだったんスよ。あの髪型。ヅラなのか自毛なのか、失敗しちゃった?みたいな髪型。でも実際はナチュラルなクリクリ赤毛。非常にかわいかったです。

歌声もまあまあ。確かにマリウスは合うかも。と思ったら、来年もマリウスるんだね~。絶対観に行きたい。かわいかったなぁ~。

●サラ: 剱持たまき

もうちょっと、なんか、こう・・・。・・・どうでしょ?
大塚さんが観てみたいかな。

あの2度のダンスシーンはどうにかならないのでしょうか。完全分業制ッスか?露骨に入れ代わるんですよ?ダンサーと。

もっとも「ダンス・オブ・ヴァンパイア」の名の通り、ダンスにチカラ入れてるんでしょうけど。ミュージカルって、やはり、歌唱・舞踊・演技の三位一体なんだし、それをすべてこなせる役者はいないにしても、歌もダメ、ダンスはやらない、演技も…じゃぁなぁ。踊りを捨てるなら、それなりの役者を入れて欲しいンデス!

あとね、途中でキャストと別の話しになるけど。

しかも、これ言っちゃー、このミュージカル成り立たないんだと思うけど。
ダンサー多すぎ。ダンサー・・・ウザッ!!(あー言っちゃった。)

やはりミュージカルは歌&演技ついてこそ、だと思うの。「エリザベート」の時も思ったんだけど、ダンスだけのキャストはあまり好みではないかなぁ。あのストーリーの中で、群舞(アンサンブルダンス)とまた違う、個々のドラマティックなダンス見せられても…。なんとも思えない。

あ、でもベッドからワラワラ出てくるシーンはまぁまぁ、ビジュアル的には悪夢っぽい感じが出ていて楽しかったかな。でもあのゴスペル調のコーラスとか、意味わかんない。

ストーリー的には舞踏会がなんなのかもよくわかんないし、どーしてあんなに「ダンス」をフィーチャーするんだか…。

あのダンス絡みのシーン減らして、歌増やして、ストーリーを深く掘り下げた方がドラマがあっていいと思うんだけど、ダンスナンバー、ダンスシーンのせいで物語が薄っぺらい印象なんだよね。

でもリピーターが多いようで、なんでしょうかね。ダンサーのファンですか?

●ヘルベルト: 吉野圭吾

ああ、もう。やはりザ・エンターテインメント!て感じ。ステキです。
もう吉野さんは・・・(言葉を失う)
駒田さんはあまり思い入れがないので。
宮本裕子さんは相変わらず30代後半と思えない若さ。でもエロし。
阿知波さんは出番少ない。少なすぎ!もったいない。
そうそう今回座席が、アルフレートの登場=アプロンシウス教授の退場の扉に近い、前が通路になっている席だったのデス。何度もいろんなキャストが近くを通ったりして、他の帝劇×東宝ミュージカルにはない演出でした。(「SHOCK」みたいだなーと思った。)
でもこの日のマチネに、CATSを観てたせいもあって「一体感」で言ったらさすがに専用劇場に軍配はあがるよなー。(あたりまえ) でもなかなか楽しかったですよ。最後には市村教授のハイタッチもできたし!

 

【おすすめ度(1-10)】5
【もう一度観にいきたいか】また見たい。うん、たぶん。
【本日のキャスト】
クロロック伯爵: 山口祐一郎
アプロンシウス教授: 市村正親
サラ: 剱持たまき
助手・アルフレート: 泉見洋平
宿屋の亭主・シャガール: 佐藤正宏
シャガールの女房・レベッカ: 阿知波悟美
女中・マグダ: 宮本裕子
ヘルベルト: 吉野圭吾
せむし男・クコール: 駒田一
他いっぱい。おなかいっぱい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です