キャッツ

五反田キャッツ・シアター / 昼 / 1階 9列 95番

子ども4人つれて、金曜のソワレ、五反田まで・・・体力キツイ。自宅最寄駅に到着したのが23時近く、オニ母承知でモス・バーガーでメシくって帰りました。フー。

でもねー!楽しかったし、子どもたちも楽しんでた。

半額返金の席でしたが、わたしは好きですよ。舞台袖から見ている感覚です。

ダンスフォーメーションとか、すっごくおもしろかった!ほーんと横もキッチリ並んでいるもんですねぇ。

ジェニエニドッツのナンバーで、ゴキブリ隊が前で踊っていて、そこを割ってジェニエニドッツが前に向って走りぬけるところ。正面から見たらジェニエニドッツは見えないだろうけど、後ろの方でもちゃーんとアクションあって、楽しかった。

そこから走りぬける・・・つまりわたしの席からは右から左にジェニエニドッツが走るんですが、それがすごく輝いてたヨ。舞台袖から舞台に入っていく役者の顔って感じで。

って意味わかんないか?去年の自分の舞台での、舞台袖の感覚を思い出しちゃった。て感じス。そういうシーンが随所に見られ、「横から見るのもいいなぁ」と思いました。

グリドルボーンの登場シーンだけ真上になるので見れなかったけどね。でも心配してた(笑)タガー登場は見えましたよ。

 

さて子どもたちは長男8才次男6才三男4才まではチケットがあり、四男2才は膝上予定でした。が、三男も四男も抱っこを嫌がり、1つの席に子ども用クッションを置き、そこに2人座って見ました。

行く前は「最初から親子観劇室に行こう…」と思って行ったんだけど、係りの方が「親子観劇室はあちらですが、劇中ここ(わたしたちの席の近く)にわたしがいます。何かあったらすぐ案内できますので、お席で…」と言われ、なんか安心できました。

はじまってみたら劇場の大音量と暗闇に圧倒され、息をのんでビビってたし、後はよく知ってる曲ばかりが出てきて、通路沿いだったため猫も通りお騒がせすることもなく観劇できてよかった。

休憩中は一列目の前(舞台際)から、客席後方から…グルリと1周、4人+わたしでゾロゾロとゴミ鑑賞してきました。階段が本で出来てたり、ご当地ゴミもいくつか発見できて楽しかった。(東京タワーモノが多かった気がする。)

 

気になった猫・キャストは

■ジェリーロラム=グリドルボーン:秋夢子

わたし好きです。声も見た目も。外国の方の訛りが気になるという話しを聞いてましたけど、わたしはこの方に関してはぜんぜんでしたね。

■ランペルティーザ:章ヤヤ

そういう意味で言ったら、この方の訛りは気になりました。


■タントミール:滝沢由佳

細すぎ・・。ガリガリでもう少しふくよかで女性らしい体のラインが欲しいなぁ。タントミールは特に体型がわかりやすい気がするので。ただ、あのスルドイ目つきはまさに猫。目をひきますよね。S&Dでもどうしても滝沢さんに目がいっちゃうんです。

■グリザベラ:重水由紀

逆に。オープニングのジェリクルソングのところで、見かけない模様の全身タイツ姿で、ふくよかな雌猫がいて。それがグリザベラだった。(笑)

彼女のおかげで、オープニングはグリザベラもアンサンブルとして出てる、ということがわかりました。(しかしどんな体型でも晒さなきゃならない役者って大変よね・・。)

■ボンバルディーナ:増本藍

あれ?増本さんって、ボンバルディーナだっけ?ディミータじゃなかったか?
ま、どっちでもいいか。ディミボン・・.

■カッサンドラ:大口朋子

なんか好きです。あの組体操(?)みたいなシーンだけではなく、様々なダンスシーンで目が行っちゃう。小柄で大人びた、落ちついた猫て感じすか?動きに無駄がなく、ステキなダンサーだと思う。

 

・・・女性ばかり。

最後、多分ギルバートだと思うんですが、握手いただきまして。

仙台の時マンカスやミストフェリーズと握手した時は、こちらの顔も見ず、パッパと手を添えてくれる。そんな程度だったのに、このギルバートは「ありがとうございます」という顔でこちらを見てちゃんと握り返してくれて、子どもたちにも握手してくれて、なんて親切な!と感激しちゃった。(こういうのに弱いわたし)

 

【おすすめ度(1-10)】9
【もう一度観にいきたいか】
・あのねぇ。やっぱり日本語アクセントはつけていただきたいです。シンガー。
・でもどんなキャストでもまた見たいです。
【本日のキャスト】
◇女性:
グリザベラ:重水由紀
ジェリーロラム=グリドルボーン:秋夢子
ジェニエニドッツ:高島田薫
ランペルティーザ:章ヤヤ
ディミータ:眞弓ヴァネッサ
ボンバルディーナ:増本藍
シラバブ:池田祐実子
タントミール:滝沢由佳
ジェミマ:王_
ヴィクトリア:大月悠
カッサンドラ:大口朋子
◇男性:
オールドデュトロノミー:石井健三
バストファージョーンズ
アスパラガス=グロールタイガー:村俊英
マンカストラップ:趙宇
ラム・タム・タガー:荒川務
ミストフェリーズ:蔡暁強
マンゴジェリー:李涛
スキンブルシャンクス:百々義則
コリコパット:幸田亮一
ランパスキャット:三宅克典
カーバケッティ:齊藤翔
ギルバート:荻原隆匡
マキャヴィティ:上田龍雄
タンブルブルータス:山口博之
#やっぱり日本人キャストでやって欲しい。漢字出すの大変。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です